top of page
  • nakayama792

こんなこともご依頼いただいています その2

前号にて鉄骨造の雨漏り調査依頼を受け、点検口を増設させていただいたことを記させていただきましたが、その後調査地では大きな風雨がなく、目視確認が出来ていないところです。その記述の折、もう一件ご紹介させていただこうと思っていたことを本日は記させていただきます。


その案件は、個人住宅の維持補修工事見積依頼です。宗教施設はどこも代表役員の最終責任者(宮司や祭司、住職など各宗教で呼称の違いがあります)がいらっしゃいますが、その代表役員を支える民間の方々(氏子、信者、檀家等はやり各宗教で呼称の違いがあります)がいらっしゃいます。その方々の中でも皆様のお世話役をされていらっしゃる役員さんのご自宅を見ていただけますか?との依頼も頂ける場合がございます。今回のケースは浴室の保温性向上、外廻り塗装面の耐久性向上、設備機器の更新相談とどれも普段の業務内容とかけ離れています。でも弊社の協力業者は100%社寺専門の協力業者なはずもなく、一緒に調査チームに入って頂き、提案を頂き、ともに議論を重ねて、少しでも「宮大工さんの会社に頼んで良かった」と思っていただける努力をさせていただいております。提案資料もまとまり近日見積と併せて提出予定です。仮に受注できなくてもこの提案が依頼者の今後の指針になれば幸いです。こちらも結果をご報告させていただきます。

次号もお楽しみにお待ちください。                                                                   

                            文責 管理建築士 中山幹治  

最新記事

すべて表示

こんなこともご依頼いただいています その2の経過報告③

個人住宅の改修工事、それも社寺建築業者としては普段触らないシステムバスへの更新工事 無事に内部工事初期受注分完了出来ました お風呂場の土間が、ベタ基礎で当初施工してあり、当時の職人さん方の熱意が伝わってきました 以前が湿式タイル貼でしたが、システムバス据え付けるのに若干内寸が足らない現状でした 解体を最小限に、産業廃棄物処分を減らし強度保全も保たれるようタイルを二方向のみの解体といたしました その

こんなこともご依頼いただいています その2の経過報告➁

個人住宅の改修工事、それも社寺建築業者としては普段触らないシステムバスへの更新工事 無事に計画通りに着工出来ました 改修工事なので、はぐってみないと分からいところが多々あります 偶々同時に市内ご寺院会館屋根瓦葺き替え(垂木から取替)を行っていることもあり 二つの現場を掛け持ちでほぼ付きっ切りで工事管理させていただいています もちろんライン電話など文明の利器で遠隔での管理も可能かと思います でも。

Comentários


bottom of page